スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

数年ぶりに(ホントは数十年ぶりに)

パーマをかけて来ました。
今のパーマって、キリキリ巻かないのですね。
数箇所ゆる?く巻くだけ。

仕上がりもあてました!って、感じじゃなくて
ゆるふわ。な感じ。
ワックスでクシャクシャとまとめるのですが
自分でやると、なんだか寝癖・・・。

寝癖で明日は、友達と会います。
お茶するのです。
楽しみです。

すっごい、バカな話をして、皆で元気になって来ます
スポンサーサイト

地酒の会

昨日は地酒会。
今回は秋川の中村酒造さん主催です。
中村酒造さんといえば、千代鶴。
地元の酒屋、スーパー、コンビニに常備されている
まさに地酒。

031_convert_20100523210426.jpg
地元4蔵から、12本の銘酒が・・・。

032_convert_20100523210554.jpg
生酒を中心に、こんなに・・・。

編集さん、3人と私。
呑みます。呑まなくちゃ損ですよ!
1年前、まだ日本酒になじんでなかった頃とちょっと違い
好きな味も変わってきました。
きれいな大吟も好きだけど
がっつり系のしっかりしたお酒が好きかなぁ・・・。
なので、全体に利いた後は
好きなお酒に集中です。
私は、酔うという感覚があまりなくて、
ただただ、明るい気分になって行きます。
気が付けば、編集さんもごきげんに?
「これは、いい会だね?」と何度もおっしゃって下さるのが
嬉しかった!
美味しい日本酒を呑むと、皆がゴキゲンになる。
サイコーです!

たくさんの人に日本酒を呑んでほしいと思います。
会津の蔵の皆さんがおっしゃってた
「日本酒を呑んでほしい。今、小さな蔵でどんな酒が
生まれているか、どうか知ってほしい」の願いの通り
今、日本酒は百花繚乱。

日本酒は高い・・・・・ノンノン。
あの手間と歴史を経ての美酒です。
それに、酒屋さんで買って来て、うち呑みするとお安いですよ?。

体に悪い、糖尿病になる・・・・・ノンノン。
呑み過ぎなければ、いいんです。
それに、お米と麹とお水で造られる添加物なしの
日本酒で、私は悪酔いも二日酔いもした事ないのです。
昨日は、結構呑んだ気がするのですがピンシャン
後、お酒を呑んだ翌日はお肌の調子もいいですよ?。
ネームストレスで吹きでてた吹き出物も治まりです。

1番嬉しい事は、お酒好きな人達と呑める事。
皆、楽しそうな事。
すごく嬉しい。

明日は、地酒会。

呑んでだくれてばかりのようですが・・・
仕事です。仕事です。ほんと仕事・・・。

地元のお酒が12本、利き酒放題。
蔵見学もして来ます。
同行者は、YOUの担当さん、編集さん、マーガレットの副編集さん。
楽しみです!

仕事は、予告カットを描いたり
ジュールのネームをしたり
予定が詰まってきてて、深谷せんせから
「大丈夫か??」と心配されたりしています。

深谷先生といえば、今夜から「ハガネの女」放送です。
私は、すでに録画予約済み。
ワクワクです。
個人的に恐るべき子供、真理衣ちゃんがお気に入りです。

会津から帰って来ました。

今回は、担当さんも同行して下さいます。
結局、出発間際までネームをしていたので
寝ないで東京駅へ。
ま、いいか。高速バスの中で寝れば・・・。
4時間とちょっとの移動時間、まじ寝です。
インターチェンジ休憩もすっ飛ばして、まじ寝。

今回、伺った酒蔵は
鶴乃江酒造さん。末廣酒造さん。宮泉酒造さん。
高橋庄作酒造さん。
そして、今回初めて取材させて頂く辰泉酒造さんです。
辰泉さんは、幻の米「京の華」を復活させた蔵です。
また、戦中の企業整備で蔵を国に閉めさせられ(高橋さんもです)
戦後、粘り強い運動をし、復活した信念の蔵。
今回、ぜひお話を伺いたかった。

168_convert_20100517193951.jpg
お酒の神様。「松尾様」に御参りして、
夜は・・・

377_convert_20100517194218.jpg
門田の「高橋庄作酒造」の若き担い手
亘さんのおすすめのおでん屋さんへ。わーい!
会津若松市内のそのお店は、地元の酒好きこそ知っています!な感じのお店。

379_convert_20100517194328.jpg
見て下さい!
この銘酒の数々。

途中、明日取材するはずの辰泉さんも合流して下さいました。

381_convert_20100517194445.jpg

蔵人さん達が、口をそろえておっしゃる事に
造り手の考え方や個性が、醸す酒に出る。という事です。

鶴乃江さんは、仲の良い家族で
綺麗な美酒を醸しています。
素直な気持ちの優しくなるお酒です。

末廣さんは、万人が呑んで美味しいと唸る酒の他に
実験的な試みをされる進歩的な蔵です。
蔵に併設された喫茶店や、オープンな蔵見学は
会津観光の一翼を担っておられます。

宮泉さんの若き杜氏さんは、
「自分の造る酒を呑んで、大切な人と呑みたいと、誰かを思い浮かべるような
笑顔になるような酒造りがしたい」と話して下さいました。
観光にも力を入れ、酒造歴史館も見ごたえあり
嬉しい事にグイグイ利き酒もさせて下さいます。

高橋庄作さんは
まっすぐで真摯な造り。ご自分の酒造りの道を歩まれています。
お酒の味も力強く、迷いがありません。
私は、強くありたい時にこそ「会津娘」を呑みます。

辰泉さんは・・・・・・。
幻の米「京の華」を復活させ、その米で醸すお酒・・・。
でも、事前に調べて「京の華」が、とても扱いづらい米だと
私は知っていました。
米が大きく、育て辛く、柔らかく脆く精白度をあげると
ポロポロ壊れてしまうのです。
お酒は、磨いたぶんだけ雑味が消えます。
真珠のように磨いて、フルーティな香りが出る酵母で仕込んだ
純米大吟醸が好みの私には
何故、そこまで扱い辛い米で酒を造るのか?正直分かりませんでした。
雑味の残るお酒なんじゃないかと思っていたのです。

でも、おでんやさんで初めて口にした「京の華」は驚きでした。
喉の中で留まって味が広がります。美味しい・・・!
しっかりと暖かい酒だと感じました。
食事がすすむ、豊かな味わいのお酒です。

辰泉さんが話して下さいました。
「戦前の会津の酒造りを発展させたのは、京の華です。
でも、育て辛さや戦争、戦後の三増酒時代に失われたこの米を
復活させる事が、酒造りの先人達への感謝になるのではないでしょうか」と。
私もここで、はたと気づきました。
酒米、ベストオブナンバー1の山田錦が全てではないのです。
造り辛くても、その米の旨みがあって、それが個性的な酒を生んでいるのです。
地方の小さな蔵が、個性豊かな酒を造っている。
恵まれた時に、漫画を描ける・・・。
なんて私はついているんだろう。

ネームも昨日出来ました。
今週は、ジュールのネームをして、予告カットを描いて
鶴乃江さん、宮泉さん、高橋さんが貸して下さった
貴重な資料を読んだり。

高橋さんと言えば、「本気で酒造りをしたいのなら来てもいい」と
言って下さいました。
マツオ、漫画辞めたら蔵に就職決定です!

会津行き

行って来ます。

急がば回れ・・・。

YOUの担当さんから、連絡がなかったので
月曜出勤かな?と思っていたら
メールが入っていました。(ネーム督促じゃなくて、取材の事で)
来てらっしゃるなら、電話くださればいいのに???。
出来てないな・・・と察して、猶予を下さったのかな?

ネームは半分以上出来ていたけれど
エピソードの順番を変えた方が、ページも縮まるし
中だるみしないかも・・・と思いついて
カード作りに戻る事にしました。

下に書いたネームの手順、本来ならプロットの後に
カード作りがあるんです。
文章をカードに分けてから、順番を入れ替えてみたりするんです。
でも、今回は小説みたいなプロットを作っているし
カードはいいか?と抜かしたけれど
急がば回れだよ?。
やっぱりカード必要だよ。
ネームを書き直す事になっても、急がば回る。

Jourの仕事も時間が迫って来ました。
光陰矢のごとし・・・コトワザ尽くし。

夏に「咲けや この花」の単行本が出る予定です。
嬉しいです。
その仕事もあります。
出来る、出来る。と自分に言い聞かせる毎日。
でないと、焦ってプルプルしちゃうから・・・。

ゴールデンウィークって・・・。

今日までだっけ?ですよね・・・。
明日、担当さんが出社して来るはずなのに
ネームが出来ない・・・。
もう、ほとんど泣きそう・・・。
テンポや場面に頭を使わずに、エピソードを削って
ページ数の帳尻合わせに頭使う作業なんて
漫画作りの仕事ちゃう・・・。

今夜、出来る所までやって
明日ページを増やして貰えないか打診してみます。

悩んだぶんだけ、いい作品になればいいんだけど
甲斐があるって、もんだけど
なかなかなかなか・・・。

明日のお昼。
担当さんが出社する時間まで
とにかく頑張る。

追記・・・与えられたページ数でまとめあげるのが、プロなのです。
     私、これで食べてるんでした。泣き言、反省。
     でも・・・打診してみる。
     ダメなら、このページ数でなんとかするです。

もやもや。

ゴールデンウィーク明けには、ネームを出します。と
担当さんに言ったものの
ネームが出来ません。

私のネームのまとめ方は
プロット→セリフをシーン事に全部書き出して
→コマをザッと割って→清書。

セリフの書き出しまでは、出来てるんですが
ページ数に入り切らない・・・。
泣く泣くエピソードを捨てても、まだページ内に収まらない。
あんまり端折っても、説明不足になってはダメだし・・・。

明日は、ビッグサイトのドルパに行く予定だったけど
パスして、ネームします。
モヤモヤしたまま行っても、気になってしまうだけだし・・・。

プロフィール

fukuyaneko

Author:fukuyaneko
こんにちは。
松尾しよりです。
マンガを描きながら、
猫3匹と暮しています。

2012年から、
会津親善大使をさせて頂いております。
皆様、
会津に来らんしょ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
メール
ご連絡、お問い合わせはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。