スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

会津で田植えです。

こんにちは。会津。
001_convert_20110528130015.jpg
在来線へ降りるエスカレーター。
今回は、時間の都合で長距離バスは断念です。
午前中の早い新幹線ですが、ほぼ満席。
在来線も、なかなか。
観光客が戻りつつあるのかな?

あっ!そうです。
この土、日、ばんえつSLが会津を走るんですよ!
くーっ、乗りたい!撮影したいなぁ・・・。
でも、私には大切な目的が・・・。

082_convert_20110528130517.jpg

083_convert_20110528130623.jpg
高橋庄作酒造さんの田植えに参加です!

085_convert_20110528130736.jpg
綺麗な苗。

086_convert_20110528175624.jpg

たくさんの方々が、参加する田植えは
今年で10年目を迎え、これを一区切りとされるそうです。

田植えの後は、トコロテンやこづゆの炊き出しも!
急遽、ご一緒頂きました
会津若松フジグランドホテルの支配人 Hさんと
地元に息づくタウン誌「会津嶺」の女性編集者 Wさんと
美味しくパクつく、泥だらけの松尾・・・。
小さなお子さんよりも、ビチャビチャでドロドロの松尾・・・。
いやいや・・・、思っていた以上に田んぼは深くて、ぬかるんで
(しかも、雨!)
自慢げに持参した田植え足袋よりも
長靴の方が良かったかも。いっそ靴下だけの方がよかったかも。
(この間の写真はないのです。もう、植えるだけでいっぱい、いっぱい)

でも、泥は暖かく、気持ち良く。
目の前を泳ぐ(逃げ惑う?)アメンボは可愛らしく。
会津盆地は新緑で、川にはメダカや小さなカニが。
大人も子供も、笑い合いながらも真剣に苗を植えて。

私の好きな会津が、以前と変わらず そこにあり。
とても嬉しくなりました。

私達は、こういう綺麗で壊れやすいものを守る為に
大人になったんじゃないのかな・・・?


こんなに素敵な体験をさせて下さった高橋庄作酒造の皆様。
有難うございました!
秋の刈入れにも、ぜひ参加したいなぁ。
091_convert_20110528175845.jpg
元気に育ちますように!

そうそう、あの男の子は連れて帰って来ましたよ~。
309_convert_20110528131321.jpg
女の子も、これで安心してウチで暮らしてくれそうです。
スポンサーサイト

帰って来ました!

24日の夜に帰宅したのですが、
ちょっと疲れが出てしまい、寝たり起きたり。

今回は、たくさん回ったから・・・。
田植えは、とても楽しかったです!!

会津に行ってきます!

色紙は、ほんとは3枚描かなきゃ・・・なのですが、
力尽きて、2枚だけ。
002_convert_20110520214352.jpg

残りは、郵送させて頂こう・・・。
すみません。


今回は、田植えグッズと着替えで
荷物も多目です。
明日は、暑いみたい。

私と入れ違いなのですが、
明日から、新宿西口広場で「会津物産フェア」が開催されます。
「京の華」の蔵元様、辰泉酒造さんも参加されます。
会津のお酒、会津の郷土料理を堪能しにお出かけ下さい!

昨日は築地。

癌センターで、最後の検診。
001_convert_20110518090939.jpg
5年以上、お世話になりました。

004_convert_20110518091224.jpg
いつもの待合室。

来月、検査結果を聞きに行って
何もなければ卒業です。

食べました!
井上のラーメン!!
002_convert_20110518091040.jpg
たっぷり
でも、あっさり系なので、スルスル食べれてしまう。
恐るべき井上!
003_convert_20110518091138.jpg

いつもより人の少ない築地市場。
震災前は、満席だった海鮮丼やお寿司屋さんがガラガラです。
お店の人が、入り口に立ち
呼び込みをしているのも珍しいです。
「お昼食べていかない?」とおばさんに声をかけられたけれど
「井上食べたので」とお断りを・・・。
それに、私 生ものが苦手で・・・。
ごめんなさい。

そんな中、グッと減った外国人観光客の方が
ひとりお店のベンチにすわって、海鮮丼を
馴れないお箸で、かっこんでいました。

有難うございます。

私も、福島の野菜、お肉食べますよ!
今週は会津。
べこの乳も(会津の牛乳です)飲みたいなぁ。
もちろん、お酒もです!

YOU 本日発売です。

最終回。
003_convert_20110514010032.jpg


長いようで、短かったです。
お酒の世界は深かった。
間違いもありました。いたらない所もありましたが、
私にとっては、得る事の大きい仕事でした。
出会えた人々の縁を
これからも大切にして行きたいと思います。

大好きな会津に いつも心を沿わせていたいと思います。

どうか、読んで下さい。
宜しくお願い致します。


のんびり。

家で出来る事、会津行きの計画練り中です。

ホテルは予約したし、
田植え用の足袋もネットで注文しました。
高橋庄作酒造さんは、厚手の靴下でも大丈夫。と言ってくれたのですが、
田植え足袋・・・沖縄の遺骨発掘作業でも活躍するかも。
と思って、注文しました!
(前回行った時、山登りでも大丈夫なニューバランスの靴は
 ぬかるんだ道で、足首まで埋まってしまったのです)

後は、軍手と雨ガッパ。
体をふける大きなパウダーシート。用意しておこう。

今回は、仕事の資料を探して、買ってくるという目的もあるのですが、
休養、観光と言う事を忘れないで、楽しもうと思っています。
前回、2月に会津に行った時
七日町の骨董屋さんで、陶器の小さな女の子のお人形を買いました。
昭和初期に縁日でよく売られていたものです。
赤いチョッキを着て、お使いに行く姿が可愛らしいですよね。
002_convert_20110511194955.jpg


彼女の横には、ほぼ同じ背丈の男の子の陶器人形もいて
対なのかな?と思ったら
「ペアではないのよ」とお店の人。
ならばと、女の子だけ買い求めたのです。
埃のかぶり具合からすると、長く一緒に並んでいたのかな・・・と
ちょっと可哀想な気もしつつ。

するとですねぇ。
家に帰って後、夢を見ました。
赤いチョッキの女の子が
「男の子も連れて来て」と言うではありませんか。
そら悪かった。君ら、やっぱり仲良しなんや。
おばちゃん、七日町に行って、連れ帰って来るな。の重大任務があるのです。

考えてみれば、会津には何度も行っているのに
のんびり七日町で買い物する事もなかったなぁ。
今回は、ちょっとブラブラして来ます。楽しみ。

最後の夜は、向瀧さんを予約しました。
温泉付きのお部屋。
もう、贅沢!
竹の間と、松の間を悩んだけれど
今は、柔らかい曲線に囲まれたいので松の間に。

楽しみです。
楽しんで、楽しんで、会津を応援して行きます。

もっと、すごくダメ・・・。

昨日は、T市駅ルミネの中の喫茶室で打ち合わせです。
初めてお会いする女性編集さんと、
打ち合わせ中に、

嫌な感じが・・・。
来た感じが・・・。

「どうしたんですか?」と編集さんが聞くほどに
何か変だぞ、こいつオーラが、もう出てる?
気取られてしまってる?
「ちょっと、お手洗いに行ってきます」とトイレの個室に駆け込みました。

(治まってくれるといいんだけど)

6ヶ月に1度くらいの割合でやって来るソレは、
軽く済む時もあり
(意識がしっかりしていて、自力で歩ける。30分くらいで復活)
重いときは
(失神、復活まで2,3時間)
今回は、重い・・・
でも、失神だけはしたくない。
救急車は、避けたい。

だって、これ、過呼吸だから。
ピーク時は、死にそうに見えるけど
過ぎ去るとケロリの過呼吸。
1番効果的な治療法は、ビニール袋です。

でも、自力で歩けるレベルではないので、トイレから
「助けて下さい」の呼びかけをして
のぞいてくれたご婦人に編集さんを呼んで来て頂きました。
(有難うございます!)

ルミネの方と編集さんに車椅子で救護室のベッドまで
運んで頂きました。
(ご迷惑をおかけしました)
「吐きそう」と言ったら、持って来て下さった紙袋と
ビニール袋!ビニール袋!
これさえあれば!

口元にあてがい、自分の二酸化炭素を吸い込みます。
冷や汗をふいて下さる編集さん。
初対面でご迷惑をおかけして、本当にごめんなさい!
スケジュール空いたら、ぜひ描かせて頂きます!

私の発作は、一仕事終えて、ほっとしたあたりで来る事が
多いみたいです。
それまでは、体調も安定しているので
急激な変化に自分でも戸惑うほど。

今日は、センターで最後の検診だったのですが
来週に変更して貰いました。
ちょっと、のんびりダラダラ寝て過ごそうと思います。
本なんか読んだりして。

掃除・・・。
掃除は、また今度・・・

いろいろ、すごくダメ・・・。

今日は、午後から再録でお世話になっている
プロダクションの編集さんに会うのですが、
再録用に依頼されていた
2003年に描いた原稿のカラーが見つからない
中のモノクロ原稿も1枚行方不明
えらいこっちゃ~!

探して、探して、(汗だく)
モノクロ原稿は、発見。
しかし、カラーが見つからない。
まいった!

もう、これは常日頃のだらしなさです。
「忙しいねん」を言い訳に、原稿の整理も管理もしてないし
原稿置いている部屋なんて
ニュースでよく見る「片付けられない女の部屋」そのまんま。
もう、絶対片付ける!
原稿も全部調べて、ラベル貼って管理する!

カラー原稿は、どうしよう・・・。
モノクロでよければ、描きおろそうかなぁ・・・?

いろいろダメな自分。
漫画描く以外、何もしない自分。
反省反省。掃除掃除。

22日は初田植え!

22日は、会津の「高橋庄作酒造」さんで
酒米の田植えに参加させて頂きます。
高橋さんは、目の前の田んぼで
自分達が育て上げたお米で、酒を醸す土産土法の蔵です。
その貴重な苗を・・・
どんくさい松尾が・・・
田植え。

足を引張らないように、(転んだり、滑ったり)
田植え用の長靴を購入して、準備万全で行くぞ!会津に!


私が、どうしてこんなに会津が好きかと言うと、
会津人は、自己顕示欲があまり無い気がするなぁ。
自分の仕事にプライドを持っているけれど
奢らないし、えばらない。
恥を知っている、潔い生き方が
ここは、大丈夫と安心出来るのです。

そろそろ、ホテルの予約取るっぺよー。

初めてのオフ会。みんなで吉祥寺。

〆切明けて間もないのですが、
初オフ会です。
皆さん、猫飼いさんです。猫大好きです。

チョミさんが、東京に遊びに来るので企画されました。
参加者は、チョミさん。Purikoさん。私。と聞いていたのですが
吉祥寺駅で ほんなあほなさん。陸花の歌さんもご参加。
Purikoさんは遅れてご参加と初聞き。
ほんなあほなさんと歌さんは、ブログをこそこそ覗いたけれど
コメント残した事がない、まったくの初対面ではないですか。
ほっとくと人見知りしがちなオイラ・・・
気合を入れて、ご挨拶するぞー!
吉祥寺の可愛いティールームで、紅茶とケーキで
うちの自慢の子話に花を咲かせるのだ!

と、思っていたら
ご挨拶もそこそこに、吉祥寺公園のほうに歩いて行く・・・
(そっか、ティールームで落ち着いてから自己紹介だよね
吉祥寺案内人の歌さんが
「焼き鳥やさん混んでたら、公園でビールにしようっか」

え!!!今、昼の3時半ですよ!

でも、うまい。
昼間っからのお酒。
そして、始まる。ディープな話。
てっきり私以外は、懇意の仲かと思えば
「ううん!皆、会うの初めてやで」とチョミさん。
「オフ会って、こんなんやで。皆、どこかしら似てるから
 ブロ友なんねん」

確かに。
実は、皆さん。びっくりするほど
私の友人に似ているのです。
初めて会った気がしないなぁ・・・。

極めつけは、てっきり女性だと(私だけが勝手に思い込んでいた)
Purikoさんが、以前受け持ってくれた
担当編集者Tさんにソックリでした!
うわ~。
「松尾さん、〆切!どうするんですかぁ!?」って
ちょっと言ってみて・・・。


もう、本当に楽しかったです!
おかしかったのは、皆さんの人生のものさしが
全て、猫な事。
猫にごはんをやらない、暴力をふるう人は極悪人。
猫を助ける、幸せにする人はガンジー扱い。
人生も、人の好き嫌いも、善悪も
全部、猫中心。

これからも宜しくお願い致します!

私は、東京に出てきてから
ずっと漫画の世界で働いているから
違う仕事についている友達をほとんど持たないのです。
大人で、バランスのとれている皆さんと
初オフ会出来て、本当によかった!
有難うございました。






最終話を描き終えました。

「永遠のはじめ」 最終話アップ致しました。
最後の方は、遅れ遅れで担当さん、編集部に
ご迷惑をかけてしまいました。
アシさんにもご迷惑をかけてしまった。
ごめんなさい。有難うございます。

「永遠のはじめ」は、会津の蔵元様。
作中に描かせて頂きました、竹田綜合病院様。
地元に根を張るスーパーマーケット、リオンドール様。
主人公達が戦中に住んでいた家屋の室内モデルにさせて頂いた
七日町にある、渋川問屋様。
最終話に描かせて頂いた東山温泉、向瀧様。

「永遠のはじめ」を描くきっかけになった
小澤絵蝋燭さん。
頑固一徹な職人気質のおじさんと
支える、明るいおばさんは
創と登和のモデルです。

各、たくさんのご協力と
たくさんの方々のご好意と支えがあって描かせて頂けた仕事でした。

会津に取材に行く度に、新しい出会いがありました。
その出会いは、次の出会いに繋がり、
フラフラと根無し草のような生き方をしている私には、
会津人の土地への愛情と濃厚なコミュニティは
カルチャーショックでもあり、
とてもとても羨ましいものでした。
(何でも、横繋がりで筒抜けだよ~。と笑ってお話してくれる方も
おられましたが、それもまた、うらやまし。)
 

連載中、常に気をつけていたのは、作画を荒らさない事でした。
仕事が遅い私は、ネームで詰まったり、
少しでも気を抜くと、時間が無くなり、作画が
荒れ荒れになってしまいがち・・・。
突出した絵の才があるわけでもない自分が出来る事と言えば、
荒らさない事くらい・・・。
せめて、皆様のご好意に報いたくて
緊張感を常にモチベーションに描かせて頂きました。

と言うより・・・。
投げ出したくなった時も
会津での出会いを思い起こし、踏ん張れた気がしています。
(きついスケジュールや、精神的にしんどい時に限って
会津からメールが来たりして、持ち直したり。)


私なりに、これからも会津と繋がって行きたいと
思っています。
自分に出来る事は、小さいけれど、
ぶれない事や、自分が愛情をかけるものを大切にして行く事。
日常が続く事は、恵まれた奇跡なのだという事。
会津が、かなり大好きなのだという事。
震災以降、思い知りました。


今月は、会津に伺います。
お世話になった方々に
お会い出来るのが楽しみです。

そして、「永遠のはじめ」を読んで下さった皆様。
感謝致します。
最終話も、どうか読んで頂けますよう。
プロフィール

fukuyaneko

Author:fukuyaneko
こんにちは。
松尾しよりです。
マンガを描きながら、
猫3匹と暮しています。

2012年から、
会津親善大使をさせて頂いております。
皆様、
会津に来らんしょ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
メール
ご連絡、お問い合わせはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。