スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「辰泉酒造様を囲む会」に行って来ました。

昨日は、神田「醇」さんで
辰泉さんを囲む会がありました。

辰泉酒造さんは、「永遠のはじめ」で使わせて頂いた
幻の酒米 京の華を蘇らせた会津若松市内の酒蔵です。
戦中の企業整備で一旦は、藏をたたみ
戦後、蔵を再開させた復活蔵です。
それは、私が想像するよりも困難な事だったと思うのです。
小さな蔵です。
設備も最新鋭とはいきません。
全国的に名を馳せている蔵でもありません。

でも、その味の豊かなこと。香りの素晴らしさ。
私は、辰泉酒造「京の華 雫」という
お酒が大好きです。
会津の宝だと思っています。

その辰泉さんを囲む会です。
当初、定員いっぱいだったのですが
キャンセルが出て、行って来ました。
ひとり出席は、ちょっと心細いのですが
まぁ、酔っちゃえば分かんないよね。

002_convert_20110828215401.jpg
辰泉酒造。新城さん。
はい。お分かりですね。真面目で実直な方です。
表立って話す事は得意ではないでしょうが、真摯にお酒の説明を
されておられました。
お集まりのお客様にも充分伝わっていたはず!

001_convert_20110828215254.jpg
お品書きです。
お料理事に合うお酒が出されます。

006_convert_20110828215610.jpg
会津地鶏のそば粉クレープ巻き(美味しかった~)には
純米大吟醸 京の華 雫 (私の大好きなお酒~)

007_convert_20110828215703.jpg
睦月の鮮魚二種盛りには、吟醸辰泉 別誂原酒

008_convert_20110828215754.jpg
鱧と冬瓜の炊合せには、純米辰泉山廃仕込み 瓶囲い

お料理7種にお酒が10種です。
コースが終わった後に燗もつけるって言ってる~。
これは、過去最高の酒量じゃないかな?
大丈夫かな?私。
でも、お料理の美味しさとお酒の旨さで
「まぁ、いいか。酔いつぶれたら隣のステーションホテルに泊まれば」と
全部頂きます!

席が近い方々とも、楽しくお話させて頂きました。
有難うございました。
帰り道、ちょっと足に来てた私の鞄を
持って下さったFさん。
有難うございました。

楽しい会でした。
お隣の席の女性が「お酒で、人が繋がれるっていいよね」と
話して下さいました。

その人を繋げるお酒を造っている全ての蔵元さんに感謝です。

辰泉さんは、今冬から新しい時代に入ります。
新庄さんは、会津を離れ会社勤めをされていましたが、
会社を辞めて、蔵に入られた方です。
蔵を継ごうと決意された方です。
静かだけれど、とても強い心を持った蔵元さんです。
会津の小さな小さな蔵だけど、
奇跡の復活を果たした強い、強い蔵です。
静かに、強く
きっと、そんなお酒が生まれる、この冬だと思います。


スポンサーサイト

うめばぁ 病院に行きました。

004_convert_20110826102320.jpg

後ろに見えるガムテープで壁に貼り付けたプチプチは
うめの嘔吐汚れ防止のもの・・・(´<_` )

うめがご飯を食べた後、口の周りを手でこするんですよ。
かなり強く・・・歯がグラグラしているのかなぁ?と
さっき病院に行って来ました。

タクシーの中で大絶叫。
もう、病院に着く前に心臓麻痺でも起こすんじゃないかと
ヒヤヒヤです。

先生は、うめの口を開けるなり
「あ~」
「歯槽膿漏だね」

若い時、あんなに歯石取りしたのにね・・・(´;ω;`)
でも、ここまで長生きする事は想定外だったからね。

全身麻酔での抜歯手術か
抗生物質を打ちつつの様子見か、を提案されました。
この年での全身麻酔は無理では?と思ったのですが、
うめ、私の想定を遥かにこえて
心臓が丈夫みたいです。
毎年、この冬は越せないだろう、と思っていたけれど、
「まだ大丈夫ですよ」と先生が太鼓判。

でも、やはり高齢なのでリスクはあります。
それ故の入院手術なので、費用もお高いヽ(´Д`;)ノ
でも、抜歯したほうが美味しくご飯食べれるんだよね。
今の状態だと痛みも酷いみたいだし。
でも、この年で手術かぁ・・・。

抗生物質を定期的に投与する方法は
うめの弱った腎臓に負担をかけるみたいです。
う~ん・・・。悩みます。

でも、先生も早急に結論を出さなくていいと
言って下さったので、今日の所は抗生物質の注射を
打って貰って帰って来ました。
注射が効いて、収まってくれるといいなぁ。

ご飯も腎臓サポート用の缶詰に変更。
意外や、うめが食べてくれて良かった~。
(渋々感は、すごかったけど)

007_convert_20110826102414.jpg
治療が終わって、プンスカのうめ。
次の通院は2週間後です。
治れ、治れ。

ありがどなし。

今は、来年から始める仕事の取材をしています。
分からない事、知らなかった事がいっぱいで
いっぱい、いっぱいです。
直接、ミュージアムに質問したり・・・。

会津武家屋敷の公式ガイドブックが欲しかったのですが
残念ながら、今は取り扱っていないとの事でした。
会津武家屋敷、文化財管理室のTさん。
電話でいろいろ教えて下さいました。
有難うございます。

そして、後日
郵便ポストに・・・。
054_convert_20110824065213.jpg
公式ガイドブックの全コピーが。
有難うございます!
頑張らないと。
取材に行って、本を読んで、分からない事はどんどん聞いて行こう。
ありがどなし。

うめばぁ

最近、うめの食欲が落ちていました。
寝てばかりだし、
・・・・・・いよいよ?
でも、これだけの大往生なのだから
何があっても、私もうめも納得出来るはずです。

昨日は、大雨。
最近あげていた「15才以上の猫ちゃん用、銀のスプーン」が
切れてしまいました。
困った、カリカリだとうめは百発百中で吐くし・・・。
「あ!」有りましたよ。残っていたはず。
グリーンフィッシュが。

001_convert_20110820221322.jpg

003_convert_20110820221420.jpg
「えへ」
「うまうま、ふがふが」

ぺろっとひと缶平らげて、まだお代わりを要求。
大往生ではなく、ごはんの味に飽きて食欲不振だったみたいです。
なんだ、なーんだ~。

「永遠のはじめ」2巻発売中です。

003_convert_20110819043455.jpg
宜しくお願いします。
ペコペコべこべこ。

こちらは、お酒のパッケージ。
006_convert_20110819043620.jpg
赤瓦に生まれ変わった鶴ヶ城と一緒なのが
すごく(*´∀`*)嬉しい~。
これは、もう一生大事にとっておきます!

008_convert_20110819043742.jpg
和菓子で三時します。
こちらは、会津の「太郎庵」のお菓子です。
美味しいです。
気分アゲアゲになります。
どんだけ、会津好きなの?って話しですが
好きなんです。

来月 会津に行きます。



「永遠のはじめ 誉れの蔵」

豌ク驕

本日発売のYOUに掲載されております。
どうか、読んでくんつぇなし!

毎日暑いです。
あつあつです。そのせいか、猫の動きも緩慢・・・。
ご飯を欲しがるくせに、道を開けないし、
こっちが通ろうにも、開きになって
ピクとも動かない・・・。

家猫って、どこまで人間を信頼するつもりですかね?
踏んづけられたら?とか、露ほども疑ってないですね。

その期待に添うべく、踏まないように、うっかり踏んづけないように
気を付けて歩くわけです。・・・・・・不便・・・・・・。
今日も暑そうです。

会津酒蔵物語 販売開始致しました。

_隨ャ莠悟シセ・墓悽繧サ繝・ヨ莨壽エ・驟定鳩迚ゥ隱枩_convert_20110808223516

会津の5蔵 栄川酒造様。鶴乃江酒造様。宮泉酒造様。
名倉山酒造様。末廣酒造さまの純米大吟醸の5本セットです。
各蔵元様、自信の純米大吟醸です。
どうぞ呑み比べてみて下さい。
会津清酒の個性豊かな芳醇な味と
各蔵元の頑固で妥協を許さない
真摯な酒造りが垣間見えて来ると思います。

すべて、私がお世話になった蔵元様です。
その造り、その理想は、私自身が触れさせて頂きました。
皆様、お酒を愛し、会津を愛し
信じて酒造りをされています。

私の絵は、もうご愛嬌というか・・・。
せっかくの美酒の足を引張る形になるのではないかと
内心ビクビクです・・・。
自分でもドンドン購入して行こうと思いますが(呑むぞー!)
皆様にもお買い求め頂けると、本当に有り難く、嬉しく思います。
このお酒をきっかけに、会津清酒に親しんで頂く事、
会津の酒蔵に観光に来て頂ける事、
それが、企画から商品化に向けて頑張って来られたリオンドールさん、
会津酒造組合、YOU編集部担当さん、私の願いです。



また、この企画、商品化に付き
今回も前回も金銭の授受はございません。
私は、著作料を頂きません。
リオンドール様、各蔵元様も儲けを見込んでの事ではございません。
福島、復興の砦となるであろう会津を元気にの
心で取り組んでいます。

宜しくご理解のほど、お願い致します。

今日は広島の日。

今年の今日は、いつもにも増して重い気がします。

原稿アップしました。

「永遠のはじめ 誉れの蔵」
月曜日に編集さんにお渡ししました。
これで、「永遠のはじめ」は終わりです。

当初、現代の孫娘の話まで描く予定はなかったのですが
いろいろ考える所あって・・・。
描かせて下さった編集部、編集さん、有難うございました。

被災蔵を見せて下さった鶴乃江酒造様。辰泉酒造様。
有難うございました。

八重洲観光交流館様。有難うございました。

新聞記事を提供し、書き起こす許可を下さった
福島民報様。有難うございました。

福島民報さんは、1昨年、会津で月に1度開かれる
地元の経済界の方々の朝食会兼、講演会の「木曜会」に
私を講師(ありえない!!)にお呼び下さったというか
(ちょっと、はめられたと言うか・・・)のお付き合いです。
記者のKさんのご実家は、浪江町です。
うららかな、海の美しい町に帰れないんだと、メールを頂きました。

震災から、多忙な毎日を過ごされ
ゆっくり会津で呑めないんだと、メールを頂きました。

昨年、初めてお会いしたKさんは
「講演会なんて聞いてない!」とプンスカな私に
おいしいカレー焼きそばのお店に連れて行って下さり、
その夜の宴席の皆さんと楽しく呑み、
「会津が大好き。ここが大好き。」と
幸せそうに目を細めて話されていたのに。
あれから、まだ1年もたっていないのに。

今年の2月。
会津に行った時、Kさんに
「今から、カレー焼きそばにいきませんか?」と電話をしたら
「今、実家なんだー」とおっしゃった。
あの時、浪江町で団欒中だったんですね。

Kさんが、Kさんのご家族が
1日も早く、元の暮らしに戻れますように。
Kさんが、会津でのんびりとお酒を呑める毎日が
戻って来ますように。


003_convert_20110805161503.jpg
下絵のコピーと、計画表。
ページ数を書いて、ペン入れが終ったら塗り潰して行きます。

ずっと前に、100ページの読みきりを連続で描いていた時に
いつもギリギリで
(迷惑をかけっぱなしだから、担当さんともギスギス気味で・・・
 私が悪いんだけど)
朝、編集さんが取りに来てくれた時
まだ描いていて・・・(すごいダメ)
「後、3枚です。」
「じゃ、今から家に伺います」と言われたその後に
棚から、ペンを入れてない原稿が7枚も出て来た・・・!!!事が。
その後の生き地獄ったら・・・もうもう。
担当さんの怒りったら・・・もうもう。それはそれは。
(あ。全面的に私が悪いんですよ!)

それから、計画表をつけるようになりました。

「永遠のはじめ 誉れの蔵」は
YOU 17号 8月12日(金)  発売です。

お盆だから、発売日早いんですね。
(どうりで、〆切りが厳しかったはず・・・。
 あ。でも、編集さんをお待たせしたりしませんでしたよ!)
プロフィール

fukuyaneko

Author:fukuyaneko
こんにちは。
松尾しよりです。
マンガを描きながら、
猫3匹と暮しています。

2012年から、
会津親善大使をさせて頂いております。
皆様、
会津に来らんしょ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
メール
ご連絡、お問い合わせはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。