スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パイ菓子のナゾ

源氏パイ・・・不二○パイ・・・。
お菓子好きとして、このパイ菓子は長年のナゾです。

すごく甘いわけでもなく、すごくコクがあるわけでもなく。
だいたい、パイ生地を焼いただけのお菓子って・・・
アップルパイ。チェリーパイ。ミートパイ。
具がないただのパイ生地菓子。
でも、ロングセラーの愛され菓子。

そんなナゾが、この間読んだ新聞記事で解けました!

源氏パイを製造している社長さんのインタビュー記事です。
「甘すぎない菓子だから、人に愛される。
 また食べようかという気になってもらえる」
なーるほど!

「リピーター層は40?50代」
あ・・・。入ってる。確かに時々買うもんなぁ。

「課題は新しい層に広がっていない事。
 人は、子供の頃食べたお菓子を大人になっても食べてくれる」
納得納得。激しく共感。
私も子供時代のお菓子、大好き。
ぺろぺろチョコ。歌舞伎あげ。えびせん。ライオネスコーヒーキャンディ

マンガもそうだろうなぁ。
子供の時、愛読してくれた読者は大人になっても
マンガを買ってくれる、と編集さんからもよく聞きます。
今の子供達は、娯楽が多様化して
昔ほど、マンガを買ってくれないと聞きます。
そうだよなぁ・・・。携帯代もアクセや化粧品も
私の時代とは桁外れの出費だろうし・・・。

それに、私は自分が子供の頃に夢中になって読んだ
マンガほど面白いものを描けているかな、とも思います。
頑張るしか出来ないけど・・・。

ネームがやっと出来ました。
今回、まとめに時間かかってしまった!
でも、三連休前に出来て良かった!!

スポンサーサイト

コメント

Secret

こんにちは。

漫画は昔も今も大好きです☆
特にずっと好きな作家さんの作品て無意識に手に取ってるかも。今の自分にはちょっと甘~い恋愛ものでも。

本は漫画でも小説でも、新しい作品を読むときは表紙で選びますよ。

漫画はやっぱきれいな絵のものに惹かれるし、小説はタイトルや表の写真で買うことも。
でもそれって小説の場合は失敗することがある!
いきなり官能小説だったときはかなり焦った~(^-^;

ちかどんさんへ。

いきなり官能小説!
心の準備が・・・ですよね(^^)

私も、マンガを買う時は絵で決めちゃいます。
子供の頃におおやちき先生や内田善美先生に
すごく憧れたから、やっぱり絵って重要です。
でも、お話しが面白かったり、感動したりもいいしな~。

最近はまっているマンガは「バクマン」
マンガ家を目指す少年達の話なのですが
もろ集英社が舞台なので、ここのロビー知ってる。とか
マニアックな楽しみ方をしちゃっています。
ちかどんさんは、知っていますか?
面白いですよ!
プロフィール

fukuyaneko

Author:fukuyaneko
こんにちは。
松尾しよりです。
マンガを描きながら、
猫3匹と暮しています。

2012年から、
会津親善大使をさせて頂いております。
皆様、
会津に来らんしょ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
メール
ご連絡、お問い合わせはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。