スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ただいまです。

今回の沖縄滞在は2泊3日。
遺骨収集現場は、前回と同じ
おもろまち シュガーローフ、その周辺。
DFS.jpg
巨大免税店が建ち、ショッピングビルやおしゃれなカフェが
建ち並ぶこの町の下には発掘されないままの遺骨が眠っています。

開発された反対側には
駅むこう
ガマフヤーが、時間との競争で発掘作業を続ける丘があります。

ガマフヤー
前日に発掘された頭蓋骨を復元する具志堅さん。
「バラバラの骨だと、物みたいで・・・
 でも、こうして頭を組み立てると人だと思えるじゃない」

鉄兜
発掘された鉄かぶと・・・
その中には

おまもり
分かるでしょうか?
内側にお守りが貼り付けられています。
この鉄かぶとの持ち主の方は、名前と出身地が判明しているのですが、
なかなか遺族が見つからず、今も調査中です。
家族が用意したお守りでしょうか?
弾にあたらないように・・・家へ帰れるようにと願った彼を
遺族の元に帰したいと、
具志堅さんや、NPOプロミスキーパーズ、一般ボランティアは願って
土を掘り起こしています。

この有得ない現実、ひどい現実。
「みんな、幽霊になって、出てくればいいのに」と私。
具志堅さんも「本当だよね。どんどん出て来たらいいんだよー」
みんな、カンカンになって出て来ていいんだよ。

現場2
ここが、今回の発掘現場です。
陣地壕の周辺には、必ず遺骨があるはずと掘り始めて
すぐ
遺品や銃弾、遺骨が・・・
たくさん埋まっている珊瑚と遺骨の区別がつかない私は
そのつど、具志堅さんに「これは、珊瑚ですよね?」と聞くのですが
何度目かに「う?ん・・・。これは頭蓋骨だよ」と・・・
初めて、私が掘り出した遺骨。
どこかの、きっと誰かの大切な人だったはず。
陣地壕から発掘される遺骨は、骨の破片だったり
足や、腰骨の一部だったり・・・
大量に出る茶色く変色したボロボロの鉄さびは
この周辺で手榴弾が激しく投げ合われた事を物語っています。

上から
陣地から見下ろす丘
至近距離まで、迫った米軍と手榴弾を投げ合った気持ちは
どんなものだったんでしょうか?

2日間の作業が終わって、ヘトヘトでした。
1月とは思えない日差しで真っ赤に焼けた腕・・・
足場の悪い現場での作業・・・筋肉痛・・・
手弁当でボランティアをする厳しさを痛感しました。
でも、それを何十年も続けてきた具志堅さんの強さ。勇気。
悪路に足をとられ、すくんでしまう私の手を引いて
現場まで連れて行ってくれた具志堅さん。
急斜面を降りれず、もたもたしている私を迎えにきてくれた
おじさん。
帰路に誘導してくれたNPOの人も・・・
車でホテルまで乗せてくれたボランティアの女の人も・・・
さんぴん茶をおごって下さった岩手放送の人も・・・
荷物を持って下さったYさんも・・・

私、役に立ってるのだろうか・・・???
次の現場は、今より急斜面だというし・・・。
常日頃、机に向いっぱなしの私の足腰はヨレヨレで
「人間、そんなに転ばない、転ばない」と
具志堅さんは笑うけれど、
私は結構何もない所ですっ転んでしまうんですよ・・・
でも、たとえ現場に行けなくても遺骨を洗ったり、記録をつけたり
何かは出来るはず・・・。
そう思い、出発ロビーから具志堅さんに電話を入れました。
「今回で、懲りずにまた来てね」
うう・・・。具志堅さんこそ私に懲りてなければ
「それからね、次の現場ね、簡易階段をつけることに
 決まったからね。大丈夫よ」
うう・・・。有難い事です!!

私も次までに、足を鍛えよう。
仕事が暇な時は、毎日歩こうと思います。

この沖縄の現実を、誰かと何かのついででも
少し話して頂けたら幸いです。

沖縄にまだまだ、遺骨が放置されている
その事を知って貰いたい。
それが具志堅さん達、ガマフヤーの願いです。



スポンサーサイト

コメント

Secret

おかえりなさい

厳しい現実と、それを支える人たちと。
充実した、取材ができたようですね。
次作、楽しみにしています。

おかえりなさい。

暑い沖縄からこちらに帰ってきて、寒い思いをされていないでしょうか?
体調崩されないように気をつけてくださいね。

おまもりの写真を見て思わず合掌しました。
家族の元へ帰れますように…。

こういうことがあるということを、また聞きではありますがいろんな人に伝えていけたらいいなと思います。


しよりさんが沖縄に行っているとき、私は旦那の実家に帰っていました。旦那の実家は寝屋川のすぐ近く、光善寺という駅のそばです。
そして旦那は寝屋川の高校に通っていました(笑)。

こんにちは

今回もお疲れ様。
大変な作業だったね。
しっかり頑張ったしよりさん、偉いよ。
しよりさんのその思いは、ブログを通じて沢山の人に届くよ。
魚座の時代は「争いの時代」だったけど、みずがめ座の時代になったから、「調和・平和」の時代になるんだ。
段々と移行して行ってるよ。
だから大丈夫。
日本は二度とあんなことはやらないよ。

kaeru-sevenさんへ。

ただいま。
有難うございます。
実は、ガマフヤーの活動は仕事というより
自分の為にやっています。
仕事や、東京でのいろいろな人間関係が
沖縄で遺骨発掘をすると、リセット出来ます。
でも、沖縄戦の取材もしましたよ。
次作、頑張ります!

ちかどんさんへ。

合掌をして下さって、有難うございます。
きっと彼も喜んでいると思います。
だんな様と夕食の時にでも、沖縄の現状を少し
話して頂けたら嬉しいです。

実は、寝屋川から」引越しをして
光善寺に住んだのです。
やはり駅近くで、図書館の近くに住んでいました。
すごい偶然!!びっくりです!
今も駅前に王将はありますか?
私、よくあそこでチャーハンと餃子を食べたなぁ。

クリちゃんへ。

ほんとに有難う。
これからは、調和と平和な時代なんだね。
あんな事は、もう2度と起こらない世界であってほしいな
遺骨は見ているだけだと、すごく客観視出来るのに
手に持った途端、感情がすごく揺れてしまう・・・
すごく悲しくなって、悔しくなってしまう。
みんなが家に帰れるといいのに・・・。
プロフィール

fukuyaneko

Author:fukuyaneko
こんにちは。
松尾しよりです。
マンガを描きながら、
猫3匹と暮しています。

2012年から、
会津親善大使をさせて頂いております。
皆様、
会津に来らんしょ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
メール
ご連絡、お問い合わせはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。