スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

会津祭り。

今回は、会津祭りに合わせての会津行きです。

漫画家友達の画伯(あだな)と
渋谷センチュリーの「ふくしま美酒会」で酔っ払って
ナンパした美人会社員お二人組とで
リオンドールさんのチームに入れて頂いて、
神明通りで盆踊りです!

私は、イベント関係はモジモジ君というか、
腰が引けてしまうのですが、
画伯と美女二人に助けられて、楽しく盆踊りに参加出来ました!
有難う~。
持つべきものは、明るい友だよ。ほんと。

080_convert_20111002011325.jpg

082_convert_20111002011850.jpg
藩侯行列。
照姫様です。

102_convert_20111002012519.jpg
再来年の大河で注目!
山本覚馬、その妹の八重さん。
美男美女です。


私が、今 準備している作品は彼女、山本八重子の生涯です。

原発の爆発後、私が危惧したのは会津でした。
観光都市会津が、風評にさらされる事がキリキリと心配でした。
震災直後は、漫画なんか描いている場合じゃないんじゃないかと思ったけれど、
自分が出来る事は、かろうじて漫画を描く事と思い直し、
何が出来るのかな、と考えました。
「永遠のはじめ」は、もうすぐ終わってしまうし、
現代物で、ちょっとコメディータッチのものを描く予定でいたけれど・・・。

私は、今回の会津行きでも思ったのだけれど、
楽しい会津、嬉しい会津、美味しい幸せな気分になれる会津を
会津の人々のおかげで満喫していたんだと思うのです。

リオンドールさん、酒造組合さん、末廣酒造の新城社長、蔵人さん、
小澤絵蝋燭のご夫妻、フジグランドホテルの支配人さん、
行く度に知り合って行く会津の友人達。
その人々のお気遣いに守られて、楽しく遊び、納得の行く取材をさせて頂いていたのです。

自分に出来る事が漫画なら、会津を描きたいと思いました。
会津は、教育に身を捧げた女性達も多く、
鹿鳴館の花と謳われた大山捨松もいます。
でも、心惹かれたのは、山本八重子。
女傑と言われ、幕末のジャンヌ・ダルクとも言われています。
jourの編集長に相談したところ
来年の2月から、掲載される事になりました。

その後、大河で「八重の桜」が決定になり
嬉しい気持ちと、自分が勝手に感じるプレッシャーと言うか
(捨松さんにしておけば、よかったかも・・・)との気持ちが
入り交じり、なんとなくブログでも書きそびれていたのですが、
大河が始まる頃には、とっくに終わっている連載なので
のびのび描いちゃおうと思います。

会津戦争後、女所帯の八重子達が暮らしたと言われている村は
今はダムの底・・・。
033_convert_20111002011449.jpg
リオンドール、A西組みの社員さんが連れて行って下さいました。
タクシーで行ったら、こんなに細かくゆっくり見れなかっただろうなぁ。
本当に有難うございました!

今回は、歴史研究の先生方にもお時間を頂き
お話を伺いました。
でも、まだまだ取材はこれから。
京都にも行かなくては!
取材貧乏になってしまうけど、いいんだー。
取材大好きだから(*´∀`*)

133_convert_20111002012300.jpg
小澤絵蝋燭の美しい絵ろうそく。
人形のキャビネットに飾りたいな~と常常思っていて、
遂に奮発しました!
人形は、私の宝物 渡辺素子先生の「ようこちゃん」
癒される~。

今回の会津で、同行してくれた友達が
会津を楽しんでくれて、好きになってくれて
「また来るよ」と言ってくれたのが、何より嬉しかったです。
有難うございます。
画伯。美人お二人組みのSさん。Yさん。
会津の皆様。有難うございます。

スポンサーサイト

コメント

Secret

No title

山本八重子さんのことは以前白虎隊のテレビドラマで知りました
大河ドラマになるのですか!すごい!

その前にしよりさんの連載楽しみにしています

会津もご多分にもれず観光客は激減しているみたいですね
会津は素敵なところがたくさんたくさんあるのに・・・
私も郡山在住の時はしょっちゅう行ってましたよ

初めて行ったお土産屋さんがお茶やお茶請け出してくださったり
早朝に伺った時なんて「朝ごはん食べる?」と言ってくださったお店もあります。会津の皆さんてあったかいんですよね~

あ~!コメントしていたら行きたくなりました~
今度は私も誘ってください~!!!

この絵蝋燭は作るのすごく大変なんですよね
頂いたのが押し入れの中で眠ってるかも・・・
たまには出して眺めようかと思いました

こんにちは

しよりさん踊ったんだね。
それは僕も見たかったよ。
次の作品も楽しみにしてるからね。
京都来る時は声掛けてね。

アビmamaさんへ。

コメント有難うございます。
そうなんです!会津は、おもてなしの心ですよね~。
歴史や自然もいいけれど、
頑固者で生きることに不器用な会津人が好きです。

小澤の絵蝋燭は、中の芯巻きから丁寧に作ってあって、
火を灯すと、炎の揺らめきが美しいのですが
もったいなくて出来ません。

ぜひぜひ、一緒に行きましょう!
来年の盆踊りをご一緒に如何ですか?

山本八重子さん。頑張ります。
大河の八重子さんは、綾瀬はるかさんですよ~。
私もすごく、楽しみなんです!

クリちゃんへ。

こんにちは。クリちゃん。

盆踊りは、講師の先生に叱られつつ
なんとか踊りました。
磐梯山踊り・・・ゆるやかなんだけど
難しかったよ~。

会津も何度か行っているうちに
楽しいだけじゃない会津も分かって来たけれど
やっぱり会津人が好きです。
郷土愛を持っている人間の強さみたいなものに
憧れるのかな・・・?

京都に行く時は、連絡します。
ただ、編集長も同行するかもなので
自由時間あるのかな???な、感じです。
でも、連絡しますね!

No title

楽しく、実りのある取材が出来て、よかったですね^^

歴史モノがてんで苦手な私なんで、
山本八重子さんの事も、存じ上げないんですが(お恥ずかしい^^;;;)
大河にもなるぐらいだから、ドラマチックで、素敵な生き方をなさったかたなんでしょう!
しよりさんの漫画を通じて、勉強させて、頂こ~~っと^^v

京都取材の時期、私も帰省してないかな~ww

ほんなあほなさんへ。

いえいえ、実は私も歴史は、とんと・・・。
戊辰戦争の事も、描くと決めてから調べ直したんですよ。

山本八重子さんは、砲術家の武家の家に生まれ
鉄砲、大砲を女ながらの使いこなした女傑。
戊辰のときは、お城に篭城し
鉄砲大砲で大活躍をし
幕末のジャンヌ・ダルクと言われています。

でも、あまり史実確かなものはなく
自由度高く描ける感じです。
頑張ります。

ほんとだ。帰省と合うといいね!
そしたらチョミさんちに押しかけて
クリちゃんをモフモフしたいー(*´∀`*)

No title

しよりさんこんばんは~

先程くまさん到着の記事をアップいたしました
お時間がおありの時でも覗いてやってくださいね

では・・・
おやすみなさい

P.S
私、会津磐梯山踊れます!(笑)

アビmamaさんへ。

有難うございます!
もう、こちらこそラブリークマちゃんを
有難うです。
大事にしています~(*´∀`*)

会津磐梯山踊り、踊れるんですね!
私、最後の足あげて、下ろして、パン!の
タイミングがまったく掴めないんですよ~。
教えて欲しい~。
プロフィール

fukuyaneko

Author:fukuyaneko
こんにちは。
松尾しよりです。
マンガを描きながら、
猫3匹と暮しています。

2012年から、
会津親善大使をさせて頂いております。
皆様、
会津に来らんしょ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
メール
ご連絡、お問い合わせはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。