スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2月生まれの猫

今朝は、雪。
日本の冬らしい寒さが、やっと来ましたね!って感じの朝です。

コタツは、8年前の5月に保護しました。
病院に連れて行くと先生が
「ノラの子だね。3ヶ月くらいかな。」とおっしゃったので
こんな寒い2月に生まれたんだ・・・。

当時の私は、今のペット可住居に越して来たばかり。
奥まった所で、人目につかないのをいい事に
ベランダに来る猫にごはんを出していた。
大きなごっついオス猫で、いかにもボスという子に
「タツ」と名をつけて、隙あらばうちの子にしたいな?と
餌付けていました。
ある日、そのタツが子猫を伴って給食に!
連れて来た、小さな青い目の子猫は
悶絶のかわゆさ!
触りたい・・・!でも、子猫は人間に敵意むきだし。
タツは「餌場は教えたぜ」とばかりに
さっさっと、どこかに行ってしまうし・・・。

それから、毎朝、暗いうちから子猫は
ごはんを催促してベランダで大鳴き、
私を叩き起こします。
ひーえー、苦情来ちまうよー

3日目にモンプチ缶に夢中になっていた子猫の首根っこを
ひっつかみ、捕獲!
保護じゃなく、拉致だけど、まぁ、いいや!
タツが連れて来たから、名前はコタツ。

何事もなく暮していたのに
3才を過ぎた冬に、突然発病してしまった・・・。
原稿中で、気付くのも遅れて
苦しい思いをさせてしまった・・・。
あの頃、コタツの余命の短さと、かさむ治療費のストレスで
声をあげて泣いた私を
すごくすごく、すまなそうな、悲しそうな、
気遣うような表情でコタツが見ていました。
その時、私達の気持ちは、とても近づいた気がしました。

コタツが発病した11月が来るたびに
先生に「おかげさまで。」と感謝の気持ちが言葉になる。
先生は「コタツ君の頑張りですよ。」とおっしゃる。
私は、バカだから
このままコタツが10年も20年も生きてくれて
私の寿命が終わる時、一緒にフィニッシュ出来たら
サイコーの人生なのに、と夢想する。(バカでそ?)

病気になってから、冬は毎年風邪をひいていたコタツが
今年は丈夫で過ごしている。
抗癌剤の影響で、抜けてしまったヒゲも
ヤワヤワながら生えて来ている。
夢想もするでそ?バカにもなるでそ?

早く、早く、リンパ腫の画期的な治療法が見つかればいいのに。
苦しんでいる猫達が助かって、
飼い主さん達が救われる治療法。
いつか、絶対見つかると思うんだ。
スポンサーサイト

コメント

Secret

こんにちは

その季節や時期が来ると思い出すこと、沢山あります。
やっぱり私の中で2月は特別な月です。
自分の誕生でもあるし、クリちゃんのお誕生日でもあるし、なにより
最初のプリンの誕生日だから。
プリンは4歳のお誕生日に突然呼吸困難になり、リンパ種が分かりました。
何も誕生日にって思いましたよ。

その日から週3で行ってた仕事を「母が突然入院して・・・」と説明して
(プリンが母に代わっただけなので、臨場感たっぷりだった)辞めて、
催眠やカウンセリングの仕事以外は出来るだけ家にいましたね。
貯金を使いながらの生活、しよりさんの気持ち本当に分かります。

本当に先生が言ったように、3ヶ月後の5月23日にプリンは息を引き取りました。
その3ヶ月間は私もクリちゃんも一生忘れません。

コタツに癒しのエネルギーと光の玉をプレゼントしますね。

ありがとう。

チョミさん。
癒しのエネルギーと光の玉をありがとう!
コタツは、今日もとても元気です。

命とお金は比較対象ではないと、頭では分かっていても
当時は、胃がキリキリしました。
毎日、万単位で医療費がかさみ・・・でも、完治するわけじゃなく、3ヶ月なんだよね?と最低な事を考えたり。
でも、数ヶ月だからって、治療を止めようとは思えず・・・

高額な治療費がかかる・・・でも、余命は数ヶ月。
このジレンマで、多くの飼い主さんが治療を断念してしまうので、日本の獣医学は欧米より出遅れていると
動物病院の先生に聞いた事があります。
でも、近年は、飼い主さんもパートナードッグもキャットも頑張るから、日々、進歩してるんですって。
未来は、明るい!

チョミさんが、当時仕事を辞めて、プリンちゃんの看病にあたった事、きっと天国のプリンちゃんは分かってますよね。人と密着して、生きた動物には豊かな感情があるのだ!と、私は勝手に思っています。

No title

コタツさんとの出会い、そんなエピソードがあったのですね^^
病気は、本当にツライです。
それは正直、お金のコトもあるし、
当のペットが苦しんでいるコトもツライ。

ばかだっていいじゃないですかw
だって 猫ばかだもの(///∇//)
自分より先に逝かないでほしぃと思うのも
きっと長生きしてくれるはずだって 勝手に
思い込むのも おかしな形かもしれないけど
愛に変わりないんだから♪

病気と闘い、治療を頑張るコタツさん
それを、金銭面でも ココロの面でも前向きに
支えてあげる しよりさんに 頭が下がります

にぁさんへ☆

にぁさん。こんにちは!
どうして、ペット保険に入ってなかったのかと
猛烈後悔した松尾です。

猫バカでもいいですよね!猫バカ万歳。
家に1人でこもってマンガ描いていると、気分転換は猫ブログ訪問です。(もちろん、にぁさんのところも♪)
猫達から、これだけ元気を貰ってるんだから
どんだけお金がかかったって!(あ~・・・でも、ペット保険入っておけば~)
プロフィール

fukuyaneko

Author:fukuyaneko
こんにちは。
松尾しよりです。
マンガを描きながら、
猫3匹と暮しています。

2012年から、
会津親善大使をさせて頂いております。
皆様、
会津に来らんしょ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
メール
ご連絡、お問い合わせはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。