スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

八重の桜

皆さん。昨夜は見られましたか?
大河ドラマ「八重の桜」です。

美しい会津の自然と、風習。
往年の時代劇に見られた奥行感が出ていて
すごいなぁ。と思いました。

登場人物たちの明るさや
会津の武士道精神がキラキラしていて
私の大好きな西田敏行さん演じる
西郷頼母様も、ヒョウキンな部分と会津武士らしい凛々しさで、
これが、「すてきな金縛り」の更科さんか、と思うほど。

若殿、容保様役の綾野剛さんは、
真面目さと、繊細さと、芯の強さをにじませる
見事な容保候ではありませんか。
容保候をどう演じるか、解釈されるかで
会津藩が、何故悲劇に見舞われたかの
受け取りが変わって来てしまうと思うのです。

でも、綾野さんなら
きっと見事な容保候を表現下さると
もう、期待!

観光客が、いっぱい来て下さると
もう、期待!


八重の本も、いっぱい出ていますね!(*´∀`*)
それで、遅ればせながらですが
ご紹介です。
八重本

恩師、野口信一先生(会津編) 小枝弘和先生(京都編)の
「時代を駆ける 新島八重」です。

会津時代の八重に関しては、歴史上分かっている事は
とても少なくて、
文献も書き出せば、あっという間に「はい。おわり。」
レポート用紙1枚分くらいでしょうか。

後、伝説としては、面白いけれど
あきらかに史実でない事も混ざっていたり
不明瞭だったりする事も
この本では、きっちりと注釈されています。

八重本2

カラーで、写真が多く、読みやすく
時系列でまとめられているので
とても時代感が、つかみやすいのです。

八重を調べだした時、資料が少なくて
遠回りをしたり、全然関係ない方向へ取材をかけたり、
ちょっと大変だったのですが、
当時、この本があったら
すごく助かったろうなぁ・・・と思います。

八重本3

「清らに たかく」連載中も、すごく助けて頂きました!


お世話になっている野口先生の本だから・・・というのではなくて、
1番分かりやすく、正確だと言っていい本だと思うのです。
会津の出版社
「歴史春秋社」から、出版されております。
歴史春秋社、ホームページからのお求めか、
地元書店へご注文下さいませ。
(ほんとに、いい本だから)

八重と会津が、大好きな身としては、
八重が正しく伝えられる事を願います。
厳しい人生を懸命に生きた八重が
汚されたり、誤解を受けないように願います。
八重にふれる時は、彼女への尊敬を
持ってほしいと願います。
私も、常にそうありたいと、
自戒の念を込めて、そう思います。

「時代を駆ける 新島八重」は
それら全てを兼ね備えた、素晴らしい本です。
スポンサーサイト

コメント

Secret

テレビみました!ほっとしました
大河は最近見ていられない演出がおおかったので((o( ̄ー ̄)o))(´д`|||)
映画のようなこだわりぶりでしたね
アメリカの戦争シーンの馬がリアルな感じがしました(そこかい!)
これからが、楽しみですね

そしてしよりさんの漫画も予約済みデス

みきたろうさんへ。

コメントありがとうございます!

大河前作は、画面の事より
私も演出がいきり過ぎてて、見れませんでした・・・。
今回の八重桜も、殿と照姫のシーンで
お歌が詠まれだして、あわあわしたけれど
あれっきりなので、安心(^_^;)

このまま、1年進めてくれることに期待です。

予約ありがとうございました!!
プロフィール

fukuyaneko

Author:fukuyaneko
こんにちは。
松尾しよりです。
マンガを描きながら、
猫3匹と暮しています。

2012年から、
会津親善大使をさせて頂いております。
皆様、
会津に来らんしょ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
メール
ご連絡、お問い合わせはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。