スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アンケートをお願い致します。m(_ _)m

現在発売中のエレガンスイブ(秋田書店)に
019_convert_20130503211813.jpg

「八重 ―会津の花ー」が掲載されております。
021_convert_20130503211927.jpg

「清らに たかく」とは、違った切り口で描いております。
「清ら」を読んで下さった方も、初めての方も
お手にとって戴けると嬉しいです。

それで、読んで頂いて、お気に召して頂きましたら
アンケートを出して頂けないでしょうか?
アンケート・・・ページをめくって、すぐ出ている読者プレゼントの事です。
プレゼントに応募するために書く
「今月号で一番、面白かった作品をお答え下さい」の
あのアンケートが、漫画家にとって
何より重大で、今後の行く末さえ左右するのです。(^-^;

「単行本が出たら買うね」と、言って下さる方もいらっしゃって、
それは、感謝感謝なのですが
実は、単行本が出るかどうかもアンケート次第なのです。

雑誌に掲載される→アンケート結果がいいぞ。→
じゃ、松尾に連載させてみっか→ここで単行本が出る。なのです。

今のご時世では、読み切リ作品だと単行本化は難しいんですよね。
アベノミクス効果は、いつ出版界に降り注ぐのかなぁ・・・。

まずは、アンケート。
そこをクリアしなければ、何も始まらないという・・・。(-_-;)

アンケートハガキ、書くのメンドくさいですよね。
そんなに欲しいプレゼントがなければ
なおさら・・・・・・。(-_-;)
お手間をとらせてしまう事を重々承知で
私を応援して頂けるなら、どうかアンケートをお願い致します。
ガラケーからもアンケートが出せるので
宜しくお願い致します。

私も、もっと精進して
多くの方に面白いと思って頂けるものを描いて行きたいと思っています。


「八重」の1話目は、80ページで
体力的には、きつかったのですが
ペンを入れながら、こうしよう、とか
尚さんの最後はこう描こう、とか
考えながら、すごく楽しく仕事が出来ています。
「イブ」で、再び八重を描ける事は
私にとって、思いがけないプレゼントのようなものです。
2話目も頑張ります。
022_convert_20130503212032.jpg

読んでくんつぇなしm(._.)m
スポンサーサイト

コメント

Secret

No title

成る程!
単行本化への道、理解いたしました^^v
まずは、エレガンスイブを買って、読む。そして、葉書ね^^vOK~で、がんばれ~~

ほんなあほなさんへ。

ありがどなし。

編集部側も、連載させたら単行本にしないわけには・・・
という思いがあって、
でも、もう赤字覚悟で単行本を出せる体力は無いので
アンケートがいい作家を連載枠へ・・・となって来ています。

私も、頑張ります。
宜しくお願い致します。m(_ _)m

こんにちは。

分かった。
これはチョミさんにお願いして本を買ってきて貰うよ。
もちろんアンケートは僕が書くよ。

No title

なるほど!エレガンスイブを買わねばっ
ですね^^最近はアンケート(とは知りませんでしたが)読者の声がすごく影響すると聞いてはいました
応援しています!

クリちゃんへ。

宜しくなし。
携帯からも応募出来るよ。
スマホ対応もおいおいすると
編集部が言っておりました。

みきたろうさんへ。

ありがどなし。
漫画の中でも、女性誌というジャンルが
また売れないので
編集部も困り果ててます(-_-;)

自分に出来る仕事を、精一杯描いて行こうと思います。
宜しくお願い致します。

No title

「京都編も読みたいです」
って書きました(*^^*)テレ
時栄さんがらみの話とか、いつかしよりさんのマンガで読めたらいいなあ♪

K&Uさんへ。

アンケート、ありがどなし!

もう時栄さんがらみの話しとなると
(そこまで、長期に渡ってじっくり描くとなると)
歴史春秋社出版しかないと思う。
一度、お話あったし・・・でも、あそこ現物支給なんですよね
(^_^;)(^_^;)

もう、お世話になった人や、読みたいと言ってくれる人へ
渡す同人誌で描くとか??

でも、私は覚馬兄さんにシンパシーを抱いてないので
時栄さんよりの話を考えていました。
八重が悪女の振りで、時栄さんを追い出すけれど
それは、彼女のためだった・・・みたいな感じの話しです。

覚馬と時栄は、すごく年が離れているんですよね。
出会った時の年の差なんて、ヤバスヤバス。犯罪。
皆が会津で戦っていた時に、あんつぁまときたら。もー
うらが、会津で苦労している時に。もー

次回から、時栄さん登場ですね。
もしかして、大河はあんまり史実を知らない方が
ドラマとして楽しめるかも知れませんね。(^_^;)

No title

再度レスしちゃってスミマセン(*^^*)

ええ~今どき現物支給だなんて(@o@) 会津のガロ!?(^^;)
歴史春秋は野口先生の本とか、わりと良心的で面白い本を出してるっていう印象があったのですが、そうか、経営厳しいのか・・・(^^;) 八重の桜効果がここにも波及すると良いのですが。

いえそんな(汗)ファンの戯言なので、どうかお忙しいのに無理しないでくださいませm()m(もし同人誌出されたら、買うのは確実ですが(^^;)v) 新島譲&八重のことはほとんど知らないので、つい読みたくなっちゃうんですよね~

なるほど~。私は時栄さんのことは「どう受け止めていいかわからない(というかやっぱり、よく知らない(^^;)」という感じだったので、しよりさんの見方を伺えてよかったです。
考えてみたらこの人も、「現地妻」「学生と浮気した」e.t.c.といった「箇条書きの情報」だけで後世に判断されやすいという点、八重に似てるかもですね。この人に寄り添った目で見ると、また違った像が浮かんでくるといったような。

しよりさんが覚馬にシンパシー抱いていなかったとは、意外です!歴史春秋=現物支給と同じくらいの衝撃かも(@o@)
なんたって「清ら~」で亡くなる時の「わしが会津にいたら、お前を戦には出さなかった」というセリフに、小さい妹をず~っと見守ってきたあんつぁまの愛情が凝縮されているようで、読者は思わず涙ドバでしたからね~(^^;) そうそう譲と親しくする八重を見て、また一人でなんか思いつくあんつぁまとかもかわゆかった(>▽<)
自分の好悪とは関係なく、読者に感情移入させる、魅力的なキャラに描けるなんて!やっぱりプロの漫画家さんってすごいな~~と改めて実感しましたm()m。

次回の大河、時栄さん楽しみです♪大河も、最初はいまいちタルかったけど(^^;)、会津がどんどん追い詰められる展開になってきて、目が離せなくなってきましたね~
次回の「八重~会津の花」も楽しみにしてます(^^)/

K&Uさんへ。

うん( ゚ー゚)( 。_。)あそこは大きな声では言えないけれど
会津のガロです。
でも、あそこまで会津命で、売上度外視でいい本を
出版している出版社は稀有な存在ですよねー。

多分、会津図書館に入っていると思うのですが
野口先生監修の「会津城下町絵図」を見てみて下さい。
このマニアックさ、この値段。売れねーっぺ?
でも、すごいいい本。
八重を描いている間、これが私の資料。支えでした。

覚馬は好きでねぇなー(-_-;)
史実、ドカンと打ち上げて描きそうだったので
「清らで」は、バーっと端折りましたΣ(ノ≧ڡ≦)てへぺろ

八重も、あんつぁまには心中複雑だったと想像するのですが
、会津人の家族結束は強いから
寄り添って生きたのだろうなぁ。と
これも想像だけれど。

また会津でマニアックにお話しましょう!
プロフィール

fukuyaneko

Author:fukuyaneko
こんにちは。
松尾しよりです。
マンガを描きながら、
猫3匹と暮しています。

2012年から、
会津親善大使をさせて頂いております。
皆様、
会津に来らんしょ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
メール
ご連絡、お問い合わせはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。